« 吉野雄輔さんの豪海倶楽部に参加 | トップページ | 年末&年始・尾鷲ツアーのご案内 »

ABE CUP2018のご報告

全国のツワモノが年に一度、

和歌山の須江に集結する、

ABE CUP2018にシードリーム.チームで、

参戦してきました。

現地サービス13チーム、都市型1チームの、

チーム戦で競います。

簡単に内容をご説明しますと、

1ダイブ40分の制限時間内で、

5つの指定された被写体を、

各人が全て撮影してきます。

それを2ダイブするので、合計10被写体を撮り、

その10枚の中から、5枚を提出します。

しかも、5枚のうち、2枚はガラポン、

3枚は自信作を提出できます。

採点方法は、

ピント、構図、露出、

被写体理解度、芸術性、独創性、

の6項目(5点満点×6項目)、

1作品が30点満点×5枚、

総合満点が150点となります。

その、総合得点で競います。

10枚の被写体は前日の夜9時に発表され、

我々チームも、レンズの選択などの、

作戦会議をします。



そして、試合当日の朝6:30、

コースが発表されて、

リーダーのガイド役が集まってます。

この日は真冬並みの寒波でシビレそう。



そして、リーダーだけ下見をできます。

全国から強豪チームのガイド達が集結、



そして、写真家 阿部秀樹さんから、

詳しいルール説明があり、

いよいよ試合開始!

SDチームは、2番手のスタート、

15分の間隔を空けて、次々とチームがエントリー、



我々は本来3名で1チームを、

2名での参加だったので、8分のハンデで、

32分の潜水時間での勝負。

移動時間、生物探しの時間もあるので、

1被写体を3分以内での撮影時間で回りました。

エキジット後は、写真提出の制限時間もあり、

大急ぎで提出する写真をPCで選別、

とにかく時間に追われる2ダイブでした。

夜は懇親会があり、

尾鷲のスライドショーをさせて頂き、

東紀州の知名度が少しは上がったかなー





そして、ドキドキの結果発表です。

なんと、我々SDチームから、

永田様がブービー賞を獲得❗️



全てが終了したのは、

深夜の3時頃でした!




ご参加して下さった、

永田様、西尾様にはホント大きなエールを、

送りたいと思います。

そして、熱く長い1日の次は、

ダイブクーザさんで、ノンビリ潜ってきました。



来年のメンバーも、募集してます。

3日間ありがとうございましたー😊

|

« 吉野雄輔さんの豪海倶楽部に参加 | トップページ | 年末&年始・尾鷲ツアーのご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉野雄輔さんの豪海倶楽部に参加 | トップページ | 年末&年始・尾鷲ツアーのご案内 »