« 宮古島ツアー紀行① | トップページ | 宮古島ツアー紀行② »

ダイブマスター・コースでした。

 本日はDMコースということで、

尾鷲シラサマビーチにエントリーしました。

水温18.5℃、透明度8㍍くらいで青いです。

ちなみに本日の課題は①疲労ダイバー曳航 ②レスキュー評価 ③24スキルのデモ

④バディーブリージングでの器材交換 をこなして頂きました。

20141120_12_59_37


特に④はDM候補生の誰もが、想像を越える困難が待ち受ける課題です。

まず、2000年代のダイバーですと、バディーブリージングすら経験が無いはずです。

90年代はOWDコースでプール実習&海洋実習で必須スキルの一つでした。

万が一エア切れをおこした際に、バディがオクトパスを装着していなかったという想定です。

仕方がないので一本のメインレギュを交互に呼吸し合うテクニック、

これをしながら、BCD、マスク、フィンを候補生同士で交換してもらいます。

特にBCDの交換は困難を極めます。

本日の○藤様は比較的落ち着いておられましたが、

ほとんどの候補生はパニックに近い状態に陥り、水面に行ってしまうか、

レギュレーターを相手に渡さなくなってきます。

そうなんです、この課題は極限のストレス下で、

理性を保って相手(バディ)のことも助けていられるかを試しています。

また②のレスキュー評価も、以前にレスキューコースを受講されてから

時間が経過されているため、細かなことを忘れています。

復習もかねてレスキューして頂きました。

本日はハードな内容でしたが、おつかれさまでした!!

|

« 宮古島ツアー紀行① | トップページ | 宮古島ツアー紀行② »